2018年06月18日

生きもの元気米田んぼの巻貝と二枚貝

田んぼにいる貝といったら、タニシを思い浮かべる方が多いでしょうか。そのほかにも色々な貝類がみられます。田んぼごとに少しずつ違いがみられ、最近しらべた状況をお伝えしたいと思います。

調査している生きもの元気米田んぼ12枚のうち、1枚の田んぼだけでヒメモノアラガイと思われる貝がたくさんみつかっています。中村さんの田んぼです(田んぼNHa89)。
20180618 (3).JPG

一方、慣行農法の一枚の水田では、サカマキガイが多数が確認されています。サカマキガイは、モノアラガイと一見よく似ていますが、殻の巻く方向が逆方向で、外来種です。泥を網ですくうとじゃらじゃら小石を入れたかのように無数にいました。

◆たくさんのサカマキガイ
20180618 (2).JPG

慣行農法の田んぼだからサカマキガイがいるというわけではありませんが、生きもの元気米や七豊米の田んぼではこのような状況はみられませんので大きな違いであるように感じています。

巻貝だけではなく、二枚貝もいます。
ドブシジミという5〜8mmくらいの小さな二枚貝はほとんどの田んぼでみられます。
◆ドブシジミ
20180618 (1).JPG

◆田んぼ一枚ごとのお米
 生きもの元気米はこちらからご購入いただけます。
 http://kahokugata.cart.fc2.com/?ca=28
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 20:44| 生きもの元気米全般

2018年06月11日

記事が掲載されています(週刊金曜日)

3月31日にアクト・ビヨンド・トラストが主催したシンポジウムが東京青山で開催されました。この中で、生きもの元気米の取り組みを河北潟湖沼研究所の高橋理事長と生産農家の農事組合法人Oneの宮野義隆副代表が発表しました。その様子が6月8日発売の「週刊金曜日」に掲載されています。
「ネオニコ不使用でもカメムシ増えず」(週刊金曜日公式サイト)
http://www.kinyobi.co.jp/
カメムシが増えなかった調査データはこちら(生きもの元気米でつくる豊かな水田生態系)
http://kahokugata.sakura.ne.jp/publications/pamph.html#3

20180611 (2).JPG

20180611 (1).JPG

ネオニコ不使用、生きもの元気米のご購入はこちらから
◆河北潟湖沼研究所のお米屋さん
 http://kahokugata.cart.fc2.com/
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 11:36| 生きもの元気米全般