2021年07月21日

2021年生きもの元気米新たな参加、変更について

2021年の生きもの元気米は、新たな参加と、田んぼの変更がありました。

*新たな参加*
2021年新たに藤木さんの田んぼ(FMi189)が生きもの元気米に参加することになりました。お米の品種はゆめみづほで、トノサマガエルがたくさんいる田んぼで、農薬不使用栽培にチャレンジされています。楽しみにお待ちください。
■藤木さんの田んぼについてはこちら
http://kahokugata.sakura.ne.jp/ikimonogenkimai/tanbo/fmi189_21.html

田植え直後の藤木さんの田んぼ。
20210603fmi189 (1).JPG

トノサマガエルがとてもたくさんいる田んぼです。
20210603fmi189 (2).JPG


*田んぼの変更*
2015年から2020年まで生きもの元気米田んぼとして栽培されていた農事組合法Oneさんの田んぼOSa7475が、農家さんの都合により2021年から生きもの元気米ではなくなりました。この田んぼのお米をご愛顧いただいていた皆様には誠に申し訳ございません。
この田んぼは栽培農家さんが変わったのですが、引き続きネオニコ等不使用、畦の除草剤も不使用でお米が栽培されています。
ネオニコ不使用田んぼとしては継続されていますので、生きもの元気米の取組を応援いただいている皆様にもご理解をいただければ幸いです。
なお、Oneさんは引き続き別の田んぼ2枚(OSa278とOSa2792)で生きもの元気米を作って下さっていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

田んぼOSa7475。(写真は2020年8月のものです。)
20200819osa7475.JPG
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 14:57| 生きもの元気米全般