2018年06月25日

お米の選別、精米、田んぼ一枚ごとの管理

生きもの元気米は田んぼ一枚ごとに管理しています。米袋も一枚ごとに違っています。だから、一粒もほかの田んぼのお米がまざらないようにとても気をつけています。例えば精米の時。

生きもの元気米の白米や分づき米は、河北潟湖沼研究所が保有する小型の精米機で精米しています。「田んぼ一枚ごと」なので、別の田んぼのお米を続けて精米するときは、精米機を分解して、中に残っているお米を全部取り出して掃除してから、次の田んぼのお米を精米します。

そして精米後には、割れた小米や米ぬかを落とす小米取機にかけていますが、こちらも同じように田んぼが違うときは中のお米を取り出して、掃除してから次のお米をかけます。

手間のかかる作業ですが、一粒も混ざらないようにしています。

そして、さいごに袋詰めする時は目視で確認して、小石など異物がはいっていないか、気をつけて見ています。作った人、作られた田んぼがわかるお米を安心して食べていただけるように、作業しています。


◆精米機
小型ですが、きれいに精米できます。
20180625 (3).JPG

◆精米機のお米を削るところ、必ずそうじします
20180625 (7).JPG

◆小米(右下)や割れたお米(右上)をわけたもの
20180625 (4).JPG

◆玄米から取り除いた斑点米
20180625 (5).JPG


田んぼ一枚ごとのお米、生きもの元気米はこちらからご購入いただけます。
◆河北潟湖沼研究所のお米屋さん
http://kahokugata.cart.fc2.com/
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 16:25| 生きもの元気米全般