2018年06月21日

ハッタミミズ、クサガメ、カエルの卵塊

6月の七豊米田んぼでは除草作業を頑張っています。作業しているとハッタミミズとかクサガメとかカエルの卵とか、いろいろ見つけられます。畦を歩くと羽化したばかりと思われるトンボが次々飛んでいきます。

写真は6月17日のものです。この日除草に参加してくれた女の子は、カエルの卵を見るのは初めてで、「思ってたのと違った」そうです。どんなだと思ってたの?というと「稲の葉っぱとかにちょこんと卵がついているのかと思ってた」とのことです。少し卵を触ってみましたが、「ゼリーみたい!」と言っていました。

20180617 (1).JPG

20180617 (3).JPG

20180617 (2).JPG

20180617 (4).JPG

◆七豊米はこちらからご購入いただけます。
 http://kahokugata.cart.fc2.com/?ca=3
 ご購入が田んぼを体験できる活動へのご支援となります。
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 10:28| 七豊米