2018年06月18日

生きもの元気米田んぼの巻貝と二枚貝

田んぼにいる貝といったら、タニシを思い浮かべる方が多いでしょうか。そのほかにも色々な貝類がみられます。田んぼごとに少しずつ違いがみられ、最近しらべた状況をお伝えしたいと思います。

調査している生きもの元気米田んぼ12枚のうち、1枚の田んぼだけでヒメモノアラガイと思われる貝がたくさんみつかっています。中村さんの田んぼです(田んぼNHa89)。
20180618 (3).JPG

一方、慣行農法の一枚の水田では、サカマキガイが多数が確認されています。サカマキガイは、モノアラガイと一見よく似ていますが、殻の巻く方向が逆方向で、外来種です。泥を網ですくうとじゃらじゃら小石を入れたかのように無数にいました。

◆たくさんのサカマキガイ
20180618 (2).JPG

慣行農法の田んぼだからサカマキガイがいるというわけではありませんが、生きもの元気米や七豊米の田んぼではこのような状況はみられませんので大きな違いであるように感じています。

巻貝だけではなく、二枚貝もいます。
ドブシジミという5〜8mmくらいの小さな二枚貝はほとんどの田んぼでみられます。
◆ドブシジミ
20180618 (1).JPG

◆田んぼ一枚ごとのお米
 生きもの元気米はこちらからご購入いただけます。
 http://kahokugata.cart.fc2.com/?ca=28
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 20:44| 生きもの元気米全般