2018年06月11日

記事が掲載されています(週刊金曜日)

3月31日にアクト・ビヨンド・トラストが主催したシンポジウムが東京青山で開催されました。この中で、生きもの元気米の取り組みを河北潟湖沼研究所の高橋理事長と生産農家の農事組合法人Oneの宮野義隆副代表が発表しました。その様子が6月8日発売の「週刊金曜日」に掲載されています。
「ネオニコ不使用でもカメムシ増えず」(週刊金曜日公式サイト)
http://www.kinyobi.co.jp/
カメムシが増えなかった調査データはこちら(生きもの元気米でつくる豊かな水田生態系)
http://kahokugata.sakura.ne.jp/publications/pamph.html#3

20180611 (2).JPG

20180611 (1).JPG

ネオニコ不使用、生きもの元気米のご購入はこちらから
◆河北潟湖沼研究所のお米屋さん
 http://kahokugata.cart.fc2.com/
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 11:36| 生きもの元気米全般