2018年06月04日

悩みながら無農薬に挑戦しています

生きもの元気米田んぼWSa63の生きもの元気米をつくっている綿村さん、無農薬で栽培できないかと挑戦中です。
ただ雑草が繁茂した場合には、除草剤の使用も考えています。いままで田んぼで毎年使っていた除草剤を止めていますので、雑草がたくさん生えてこないかと気が気でない様子、確認のためにこまめに田んぼに足を運んでいらっしゃいます。

アオミドロのような藻類がたくさん発生しており、もしかしたら雑草があまり発芽しないかもしれません。一枚の田んぼといっても、面積4,000平方メートルの田んぼが無農薬になることの影響は大きいだろうと感じています。

 ◆綿村さんの29年産のお米はこちらからご購入いただけます
 (残りわずかです)
  http://kahokugata.cart.fc2.com/?ca=33

下の写真は5月22日の田んぼWSa63の様子です。
田んぼの中に藻類が見えます。
20180522wsa63 (1).JPG

除草剤を使っていない畦には色々な植物が見えます。
20180522wsa63 (2).JPG
posted by NPO法人河北潟湖沼研究所 at 15:19| Comment(0) | 田んぼWSa63(綿村さん)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: